地面が舗装されていない駐車場に駐車すると車の傷みを早めてしまう場合があります。車が痛む大きな原因のひとつが湿気です。駐車した場所が舗装されていないということは、土や泥や草の上に駐車しているということで、そのような場所では、車を傷めてしまう湿気が大量に上がってきます。

もし、車のボディーの下に傷があれば、その傷の箇所から腐食が進み車を傷めてしまう訳です。特に雨が多く降る梅雨の時期は要注意です。砂利が敷いてある駐車場でも同じ事。砂利が敷いてあっても砂利の下には地面がある訳で、車のためには良くありません。

理想的な駐車場所は屋内です。屋内の駐車場だと雨にうたれることも、地面からの湿気も殆どありませんから、一番サビやすいブレーキローターですらサビることがなくなってきます。屋内の駐車が無理な場合でも、せめて舗装されている駐車場に駐車しましょう。車をいたわる大切なポイントです。